超浸透水 水のサプリ ナノクラスター水  VIVO

抗ガン治療を実際に受けた時に知ったこと・・・。

抗ガン治療をした当日は、尿を1500CC出すことを先生から言われるそうです。

もし出なかった場合は、利尿剤を点滴して出すことをするそうです。

 

そこで私は、大学生の時から少しむくんでいたり、疲れが取れなかったりする時に愛飲していた

このクラスター水を迷わずおススメしたのです!!

何といっても飲んだ当日からトイレが忙しいのは実感していたからです。

 

抗ガン治療の当日、2500CC~3000CCの尿を毎回出すことが出来て

利尿剤を一回も使わずクリアすることが出来ました。

抗がん剤投与と利尿の原理について考えてみました

抗がん剤はがん細胞に向けて投与されます。

でも、通常の細胞をも攻撃してしまう関係で副作用も起こってしまいます。

 

投与当日に1500CCおよそ当日様々な点滴の量と同じ位の利尿を義務付けるという事は

身体に残してはいけないものを出すこと。

 

素人考えですが、「ガン治療をやっつけることをした後のお薬は外に出しましょう!!」

なのだと考えたのです。

 

これは決して医療行為ではありません。

 

ただ単純に、身体の中に溜まってしまう水ではなく、細胞の間を自由に動き回れる水に変えるだけで

薬に頼らず利尿することが出来る!そう考えたのでした。


自由水ナノクラスター水とは??

生命を支える水: ナノクラスター水 VIVO(ラテン語で”生命”という意味)

水は地球上のあらゆる生命の源です。

人間の身体は60〜70%が水でできていると言っても過言ではありません。

ナノクラスター水VIVOは、15年前、その大切な水分補給を最大限にすることによって、オプティマルヘルス(究極の健康状態)の追求という発想で開発されたお水で、その超浸透力のため、500ml 一本で普通の飲料水2L分の水分補給が瞬時にできます。

VIVOは静岡県天城山の名水をISO22000(世界最高規格)取得工場で生産された、安全、安心で美味しいお水です。

 


人間の身体は60〜70%が水でできていると言っても過言ではありません。
体内での水の働きは、人間の生命活動の基盤とも言えます。
体内水は滞留水と自由水に分けられます。一般飲料水は、体内に入るとほとんどが滞留水になります。その滞留水を人間のエネルギーで自由水に変えて細胞内に取り込みます(ピーター・アグレ博士が「ウォータ・チャンネルの解析」でノーベル化学賞を受賞)。赤ちゃんの体内は、ほぼ100%自由水で満たされますが、体内の自由水の量は加齢とともに減少してしまいます。40歳で50%、60歳では20%なってしまいます。

病気の予防という消極的な考え方ではなく、100歳現役をめざすオプティマルヘルス(究極の健康状態)の追求という発想で開発された「VIVO」。その製造技術で純水よりも更に純度の高い水を生み出すことに成功し、活発に活動する自由水と同じ働きをする飲料水、「VIVO」が生まれました。

ナノクラスター水「VIVO」は最高の食品安全規格ISO22000取得工場で製造されており、安心•安全で高品質なお水です。


身体に吸収しやすいナノクラスター水

弊社が主宰するナノクラスター水「VIVO」の研究グループは、過去30年以上水の研究に携わってきた水先進国であるアメリカ、日本を含む世界中の権威あるリサーチャー達で構成され、「水」に関する正確、且つ安全な情報を発信しています。
長年の研究の結果、ハイドレーションの能力を最大限に発揮する数値が導き出されています。そのなかで硬度とPH値で、硬度はゼロ(超軟水)で、PH値6.8~7.2(中性)が良いとされています。さらに、水の純度を表すNMR測定値が純水の89Hzを大幅に下回る75Hz以下という値であり、その高い純度により超浸透力が発揮されています。

 

通常のミネラルウォーターと比較すると、VIVOはその純度が高く、浸透し易い為、 一本(500ミリリットル)でミネラルウォーター2リットル分以上の働きをします。

 

今回、日本製造「VIVO」のナノクラスター値は59Hz(世界最小)を達成致しました。

硬度 0超軟水(とても飲みやすく美味しい)
PH

6.8〜7.2 中性

酸化還元電位

プラス200〜300mV

(水道水・プラス500〜700mV、釘を入れてもさびにくい)

NMR(核磁気共鳴)

測定値

NMR(核磁気共鳴)測定値 : 75Hz以下/25℃

(水道水は約150Hz、純水は89Hzなので純水よりも純度が高い)


酸化還元電位の実験

水道水は一日で錆び始め、10日後にはこのようになります。
VIVOの中にいれたクリップは一年経過後もまったく錆びておりません。